気難し屋「くるみ」の結婚相手

バレンタインデーだから、というわけではありませんが 
今日は気難し屋の「くるみ」が
理想の結婚相手を探す、というお話。
何の話かというと…

イタリアでは相性のいい食べ物の話をする時“結婚”という言葉をよく使います。
例えば
Il vino rosso si sposa bene con la carne.
(赤ワインは肉ととてもいい結婚をする。
→赤ワインは肉料理ととても相性がいい)
といったように・・・。

そういえばある番組であのジローラモさんも
「おいしいですねー。二つのショクザイのケッコンがいいですねー」
なんてコメントしているのを聞いたことがあります。


 ジェラートのフレーバーにももちろん相性の良し悪しがあります。

一つのカップに2種類のジェラートを入れる時
その組み合わせを間違うと
片方の味が全然わからなくなったり、
合わさったところが微妙な味になってしまったりすることがあります。

そういえば前に“エスプレッソ”と“いちごミルク”は「一番合わなーい」組み合わせだ、という話をしましたね。(その組み合わせは…参照)
“エスプレッソといちごミルク”“エスプレッソとこけもも”の愛は成り立たないのです・・・。

さて、わがブリガンテのジェラートの中でもエスプレッソ以上に気難しいのが「くるみ」。
画像

このフレーバーはある方が
「子供のころ田舎で胡桃拾いをして
その後炒って殻を割って食べた時の香りを思い出した」
と言っていたほど
胡桃を炒ったときにふわ~っと香ってくるあの香りが一口目から広がり
胡桃独特の渋みもそのまま出ています。

だから、胡桃好きには本当にたまらないのですが、
確かにクセがある味でもあります。

このクセがぶつかり合ってしまい、結婚相手にふさわしくないのが、エスプレッソ、こけもも、そしてアールグレー。

「エスプレッソ」と一緒にすると
どういう訳かどちらの味もなんだかぼやけてしまい、
最後は何を食べていたのかわからなくなってしまう・・・。

「こけもも」と一緒にすると
こけももの酸味とくるみの苦みだけがクローズアップされてしまい、
甘みを感じなくなってしまう。

そして最悪の相手は「アールグレー」。
どちらも苦いだけで全く香りが感じられなくなってしまう…。


人間に当てはめても うまくいかない結婚生活って、
こういうことなのかもしれません。
ひとりひとりはいい人なのに、
一緒にいるとお互いの性格がかみ合わず
本来の魅力的な部分が生きないばかりか
まるで欠点のようになってしまう・・・・。


こんな気難し屋の「くるみ」にも愛を育むのに最高の相手がちゃんといます。


「ミルク」はまさに理想的な相手。
くるみの良さをさりげなく引き立てててくれる。
それでいてシンプルなミルクの存在感もしっかり感じられる。

「カスタード」とは甘ーい結婚生活。
お互いしっかり主張しつつ、カスタードが甘さですべてを包んでくれる・・。

「マルサラ」とは大人の関係。
ちょっと刺激的な、でもやはり甘い関係・・。


…やはり“食”と“愛”は切っても切れない…?

ちなみにシェフ曰く
Noce e Fior di Latte, un matrimonio perfetto...
(「くるみ」と「ミルク」は完璧なウエディング!)



☆新メニュー“ホットチョコレートのアッフォガート”大好評販売中!

画像











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

Del Nino
2009年02月16日 12:45
魅力的な相手(2種類以上のフレーバー)をセレクトせずに、頑固一徹「くるみだけ!」(または「アーモンドだけ!」「ピスタッキオだけ!」)とオーダーしてます...
「婚活」をした方が良いでしょうか(笑。
shuf
2009年02月16日 22:40
Del Ninoさん
やっぱりお気に入りのフレーバーの良さをじっくり味わうにはやはりその方がお勧めです!周りに惑わされない、これもとても一途な愛の形(?)でしょうか・・・・。
実はジャンドゥーヤも、ミルクと合わせてしまうと、
あのガツンとした“大人”の味から、甘ーいミルクチョコっぽい味に変わってしまったりしますものねー。(それがまた好い、という人もいますが)
でも、意外な組み合わせが新しい味の発見につながることもあり・・。
ヘーゼルナッツとこけももなんか、全く相性が悪そうなのに、実は最高のカップルだったりするのです・・・。
たまーに婚活するのも悪くないかも。
きんた
2009年02月17日 09:06
くるみさんは、気難しいんですね~。お食事とワイン、はそのあたりが顕著に違いがでますよね。あ~暖かくなる前に、「冬ジェラート」しなくては~
shuf
2009年02月17日 09:35
きんたさんコメント有難うございます!
本当に気難しいくるみさんですが、でも一度惚れたらすっかり虜になってしまうのです…。
秋冬限定のフレーバーなので、ぜひ寒いうちに(?)いらしてください!(前いらしたときより各フレーバーともますます濃くなってますよー)マルサラもぜひ味わって頂きたいなー。

この記事へのトラックバック