テーマ:新メニュー

シチリアの伝統 『モディカチョコレート』

地中海の真ん中に浮かぶシチリア島。 その地理的な位置から 様々な民族に支配されてきた歴史を持ち、 多彩な文化をうまく融合させて 豊かなシチリア独自の文化へと変貌させてきました。 そのシチリア島の南端にほど近いところに Modica (モディカ)という町があります。 この町はバロック様式で統一された大変美しい町で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノッチョーラ物語:その2…『シチリア産』と『ピエモンテ産』のヘーゼルナッツ

前回の記事、ノッチョーラ物語:その1では いかにイタリア人がヘーゼルナッツのジェラートが大好きか、 というお話をしました。 思えばイル・ブリガンテも4年前、 いよいよ開店を迎えるにあたって 「なにはともあれ、ヘーゼルナッツのジェラートだけは 絶対に気合を入れて作るぞ!」というのが シェフの意気込みでした。 という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分へのご褒美ジェラート:『プレミアムジェラート』シリーズ

今年に入ってからイル・ブリガンテでは『プレミアム』ジェラートシリーズを始めました。 プレミアムジェラートは 当店のエミリアーノシェフがジェラート職人としていつかは作りたいと かねてからずっとレシピを温めてきた 特別なジェラートのシリーズです。 とくに原材料には最高級の品質を誇る素材や 希少価値のとても高い物を使ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アッフォガート『横浜ウォーカー』掲載。そしてシャーベットメニューも増えています!

とっても盛りあがった鎌倉の花火大会。 花火の後、遅い時間にもかかわらず ブリガンテまで足をのばしてくださった皆さん 本当にありがとうございました! それにしてもこの7月は本当に暑いですね。 連日の真夏日、そして熱帯夜。 梅雨時はどんよりした空を恨めしく思ったのに、 今は連日照りつける太陽が恨めしい… でも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラ色のジェラート…新作『ラズベリー』のシャーベット

いよいよ梅雨入りです。 こんな時こそ爽やかなシャーベットが恋しい… というわけで新フレーバーの登場です! 『ラズベリーのシャーベット』! ラズベリーにレモンとミネラルウォーターを合わせたら 何とこんな鮮やかなバラ色のシャーベットになってびっくり! そういえばこの色… 鎌倉駅そばの線路わきで 同じ色…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

では『オリーブオイルのアッフォガート』をきちんと紹介します。

前回まで三回にわたって連載してきた 当店の『オリーブオイルのアッフォガート』誕生秘話。 (全部読んで下さった皆さんGrazie! まだの方はこちらをぜひ!) でも、きちんとこのジェラートの説明をしていないことに気がつきました… そこで、今日は改めてこの新メニューの特徴をご紹介して この記事のまとめにさせていただきます。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オリーブオイルとジェラートの出会い…その3:「L'affogato e` da provare!」

(…前回からの続き…) Leo(レオ)の友人Fabio(ファビオ)は イタリアの有名なチョコレート工房で 長く働いていたチョコレート職人だ。 その店で“オリーブオイル入りのチョコレート”も作っていた彼は オリーブオイルの扱いの難しさもよく知っている。 彼に「オリーブオイルのジェラート」を食べてもらうと こんな答えが返っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オリーブオイルとジェラートの出会い…その2:「賞味期限が一時間半のジェラート…?」

(…前回からの続き…) 鮮やかな緑色をしたオリーブオイルを 真っ白なミルクのジェラートと一緒に掬って口に運ぶ。 オリーブオイルの まるで草の香のような 摘みたての緑の果実の香りが ふわーっと広がり ちょっとピリッとする辛みを感じたところで ミルクのふくよかな甘みが 全体を包み込む… オイル、つまり油であることを忘…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

オリーブオイルとジェラートの出会い…その1:「衝撃の出会い」

オリーブオイルとジェラート? まさか混ぜちゃうの?それともかけちゃうの? それって今流行りの“ちょっと変わったアイスの食べ方”ってやつ? そういえば今はお醤油かけたり 青かびチーズや味噌を入れたり そうそう、中には“シラス”が入っているものまであるくらいだから まあ話題好きの日本人には面白くていいかもね。 でも味のほう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『洋梨のシャーベット』がメニューに加わりました!

秋も深まってきました。 ここのところとても寒い日が続いていますが 気温が下がるとともに “実りの秋”はますます美味しいものを 私たちにもたらしてくれます・・・・。 秋に入ってからイル・ブリガンテでは 定番のナッツ系フレーバーを充実させるとともに 新メニューを模索してきました。 その中から『洋梨のシャーベット』が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地中海の恵み…カロブ豆のジェラート

「いなご豆」って知っていますか? 日本では「カロブ豆」または「キャロブ」という名前で呼ばれることが多いようです。 その種子の粉を当店ではジェラートの安定剤として使っているのですが(詳しくはHPにて) その“さや”の方は甘く、チョコレートに似た風味を持っています。 その甘いさやの部分を使った新メニュー“カロブ豆のジェラート”。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春を食べる…限定「さくら」と新作「カモミール」

いよいよ春も本番、段葛の桜もこんなに綺麗に咲いています。 桜の開花中の期間限定で作っている イル・ブリガンテの「さくら」フレーバーは まるで抹茶のような緑色。 “色より味”が第一の当店では、 色をピンクにするよりも、 桜の葉の香りいっぱいの和菓子のようなジェラートを作りたくて 桜葉だけをたっぷり仕込みました。 桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tutti pazzi per “桜”!

 今年の春は気が早いようです。 鎌倉の段葛の桜も 昨日既にもう蕾が膨らんで いまにも・・・という感じだったのですが、 今朝 段葛の開花第一号発見! 日本人の桜への思い入れはとても特別ですよね。 それはほとんど狂気に近いものがある… まさに “Tutti pazzi per Sakura”(みんな桜にcrazy→夢中)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ピーナッツがジェラートになった!

子供の頃、ピーナッツはおやつの中でも最も身近なものの一つだったような気がする。 テーブルの上に広告の紙を広げ、殻を割って、中から出てくるピーナッツ。 二つ入っているはずなのに一つしかなかったり、 二つのうち一つは出来そこないの真っ黒なやつで食べられなかったり、 反対に 二つとも大きくていい色で「やったー!」と思わず心の中で叫んだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の贅沢 “ホットチョコレートのアッフォガート”

 今日は節分。暦の上では春の始まりですが、寒い日が続いていますね。 そんな日にぴったりの“イル・ブリガンテのホットチョコレート”はもう召し上がりましたか? チョコレートをそのまま溶かしたような どろっとした濃厚なホットチョコレート。 そのホットチョコレートをジェラートにかけてしまったら…なんとも贅沢なアッフォガートができました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カンノーリ&エスプレッソ セット 始めました。

 Cannoliを知っていますか? Cannoli(カンノーリ)はシチリアの代表的なお菓子。 日本ではあまり知られていませんが、イタリアでの人気は高く、イタリアで「シチリア旅行に行ってきた」と誰かに言うと 必ず「じゃあ美味しいカンノーリをたくさん食べたんでしょ。うらやましいなぁ」という返事が返ってきます。  日本ではカンノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Crema del Brigante

今日から、新作フレーバー“Crema del Brigante”がスペシャルメニューとして登場!  “クレーマ・デル・ブリガンテ”とはブリガンテの特製クリームという意味です。 当店の人気フレーバー“カスタード”をベースに当店初のトッピングをした贅沢な一品。 このカリカリっとした食感の粒々は、チョコレートでもクッキーでもあり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

寒い日には ホットチョコレート

今日はとても寒い一日でした。 そんな日にはホットチョコレートはいかが? …というわけで、当店自慢のホットチョコレートをご紹介します。 イタリアのホットチョコレートはどろっとしています。 日本のいわゆる「ココア」とは違うのです。 食感を例えるなら、そう、お汁粉のような・・・・。 イタリアにはインスタントのホットチョコレ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大人のためのクリーム…マルサラ

今日は11月からの新フレーバー「マルサラ」の話。 マルサラ酒は、シチリア島のマルサラという町で作られる、酒精強化ワイン。 濃厚でとても香り高いので、お菓子だけでなく、肉料理にもよくつかわれます。 イル・ブリガンテでは卵をたっぷり使ったクリームにMarsala superiore dolce(マルサラ・スペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more