amici #1

イル・ブリガンテにはいろいろな人が集まってきます。
イタリアや食に関わりのある人もそうでない人も、みんな個性的で魅力的。
そんな私たちの友達(amici)を折にふれて紹介していきます。
今日はその第一弾。

Mizuki la liutaia: バイオリン職人のみづきさん
画像

 このバイクに乗ったかっこいい女性は、バイオリン職人です。
ストラディヴァリウスを生んだイタリアのクレモナという街で、ヨーロッパでも著名な日本人のマエストロ、松下敏幸氏の工房で日々研鑽をつみながらバイオリンを製作しています。
 先日マエストロとその弟子たちのバイオリン展示会のために帰国した時にお店に寄ってくれました。
数年前大手の楽器メーカーを辞め、自分の納得のいく楽器にこだわって単身メキシコに渡りました。そして現地の国際コンクールで認められ、それをきっかけに、憧れのクレモナ・・この仕事を選んだ時からずっと行きたかったクレモナでマエストロを見つけることが出来ました。
 自分の理想とする“音”を追求するべく、毎日木と対話しながら、楽器という形にしていく・・・・。
これが彼女の毎日。
そうして一年近くかけて出来上がった楽器に魂柱を入れる。まさに魂を吹き込むかのように初めて弓があてられる。

その響きを初めて耳にする時、いったいどんな気持ちになるのだろう・・・・。

"amici #1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント