オバマ大統領鎌倉再訪に合わせ、ブリガンテの『抹茶』が期間限定で復活!

オバマ大統領と鎌倉の意外な“縁”。

「子供の頃、両親に連れられて鎌倉で大仏を見たけれど、
それよりも僕はその時食べた抹茶アイスの方に夢中だった。」…

昨年来日した時そんなスピーチをしたオバマ大統領が
何と今度の週末に
思い出の鎌倉を再び訪れるらしいのです!

APECの会期中、それも多忙なスケジュールをやりくりして
来てくれるとは、それこそ“ご縁”があるに違いない、と
地元鎌倉では既に大歓迎!と盛り上がっています。

そこでせっかくジェラートを作っている私たち、
歓迎ムードに一役買えないか、ということで
“幻”のフレーバー『抹茶』を
期間限定で復活させることにしました!



なぜ“幻の”かというと…

ブリガンテでは古都鎌倉に敬意を払い、また
「抹茶」というそれは魅力的な食材を
ジェラートにしない手はない、ということで
何度かお店のメニューにも入れてきました。

でも、あくまで“イタリアの本当の味を知ってもらいたい”という
使命感に燃える(?)ブリガンテ。
だんだんと出番が少なくなり、
ここしばらくはずっとメニューから外れていたのです…。

そんなわけで開店当初からの常連さんから
いつの間にか「幻の抹茶ジェラート」と呼ばれるように…


画像



神社仏閣のある観光地には絶対ある抹茶アイス。
今では観光地に限らず抹茶味はアイスの定番の一つになっています。

海外でも日本料理店の定番デザートとして有名だし
イタリアでも大きな街に行けば
Te` Verde(グリーンティ)のジェラートを出すジェラテリアがあるくらい
インターナショナルなものになりました。

それだけ当たり前の、どこで食べてもそこそこ美味しいこのアイス。

でもオバマさんが初めて来日した頃は
抹茶アイスはごく限られた店だけが自家製のものを出しており
今よりずっと特別なものだったようです。

“特別な人” の “特別な日” の “特別な味”…。


ブリガンテが作るからには
そんな “特別な” ジェラートにしたい。


今までブリガンテでは色々な抹茶を試してきましたが、
定番としてずっと使っているのは愛知県産の抹茶。

あまり知られていませんが、
実は愛知県は抹茶の生産量日本一を誇るお茶どころ。
品質面でも有名な京都産に勝るとも劣らない
とてもクオリティの高い抹茶を作っています。

      (※抹茶の原料であるてん茶の
      日本一の生産量を誇るのは
     正確には「愛知県西尾市」です。(年による)
      県別では愛知は京都府に次ぐ2位だと
      ご指摘を頂きました。
      勉強になりますね!
      ちなみにうちが使っているのは
      まさにこの西尾市の抹茶です!
      西尾市の抹茶は
      京都の宇治の抹茶とともに
      大変質の高い抹茶として知られています。)



そんな中からジェラートにしたときに
抹茶がしっかり自己主張する
インパクトのある抹茶を選びました。

まさに濃茶をそのまま食べているようなジェラートです。


日本を代表する食材「抹茶」。


その抹茶で作ったジェラートを味わいながら
“特別なあなた” が、鎌倉で
大統領に負けないくらい
“特別なひととき” を過ごしてくれたら…




  ☆ ブリガンテの『抹茶』は11月13日(土)より!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック