ジェラテリア・イル・ブリガンテ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェラート通のための『コーヒーのアッフォガート』

<<   作成日時 : 2011/01/30 00:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、前回の『こけもも』に続き
当店の人気メニューの紹介です。

今日の主役は
『コーヒーのアッフォガート』

画像


以前『ホットチョコレートのアッフォガート』を紹介した時にも
説明をしたので、重複してしまいますが
Affogato”…アッフォガート とは
イタリア語で“溺れた”という意味です。

ジェラートに液体をかけて食べる…
つまりジェラートを液体に溺れさせながら食べるのです。


イタリアでは特にレストランでデザートを頼むとき、
お客さんが「ジェラートある?じゃあ、
○○のジェラートに△△のリキュールでアッフォガートにしてよ」
なんて自分流のアッフォガートをオーダーする場面に出くわします。

さらにジェラートもエスプレッソコーヒーも愛するお国柄、
アッフォガートの中でも『コーヒーのアッフォガート』は
イタリア人にとって大好きなものを両方合わせて食べられる
最高のデザートです。

その魅力は1+1が2どころか
3倍4倍にも広がる香りと味覚のコラボ。

特にミルクのジェラートに
淹れたてのエスプレッソをじゅわ〜っとかける時に
広がるその香り。
冷たいジェラートの舌触り、
ミルクのシンプルな味わい、
熱いエスプレッソが溶かした部分の
とろっとした美味しさ…

何よりジェラートとエスプレッソを絡めて口に入れたときに
ジェラートの食感とほんのりした甘さ、
エスプレッソのほろ苦さ、香りが
次々に変化しながら際立ったり溶けあったり…

これがアッフォガートの魅力。


そういえばお正月の「しゃべくりスペシャル」
このアッフォガートを食べる徳井さんに有田さんが
「コーヒーに溺れる、というのと
この美味しさに溺れる、という二つの意味ね」
なんて言ってくれていましたが、
これはジェラートの魅力をまた違った角度から引き出してくれる
素晴らしいデザートなのです。

画像


でもイタリアではアッフォガートを出すジェラテリアは
意外に少ないですね。
やはりコーンで食べる食べ歩きが
主流だからかもしれません。
いや、ひょっとすると
バールで飲むような美味しいエスプレッソを
淹れられる店が少ないからかもしれません。

何故ならこのアッフォガートでとても大切なのは
エスプレッソコーヒーの質なのです。

当店では Lavazza(ラヴァッツァ)社のコーヒー豆で
きちんと抽出したエスプレッソを使っています。

ラヴァッツァの豆はエスプレッソ用としては世界シェア一位を誇ります。
また、当然イタリアでも最も愛され、飲まれている豆です。

少々値段も他のものより高いので
家庭用にはほかの豆を買う人も多いですが、
やっぱりエスプレッソの味だけは譲れない、という家では
少々高くても Lavazzaを飲んでいる家が多いのです。

さらに、家庭用でも十分美味しいのですが
「バールに行かなければ美味しいエスプレッソは飲めない」と
頑なにこだわりを持ち続けている Lavazza社は
あえて家庭用とバール用の質に差をつけ、
業務用のブレンドはさらに美味しく作られています。

その豆を使ったエスプレッソはやっぱり違います。

“シアトル系”の店で出しているものとは
全く別物です。

画像


残念ながら、日本のジェラート屋さんでアッフォガート
またはそのようなものを出しているところは、
そのコーヒーが本当のエスプレッソでないところが多いのです…

だって、豆が良くてもドリップじゃ全く駄目だし、
エスプレッソマシンが良くても豆が駄目ならエスプレッソにならないし、
どちらも良くても日本人に合わせて薄めに抽出したものじゃダメ…

愚痴はこのくらいにして(笑)…

とにかくイル・ブリガンテでは
Lavazzaの豆でしっかり抽出した
イタリア人仕様の淹れたてのエスプレッソをかけています。
しかもかけるジェラートは
当店人気bPの 『Fior di Latte (ミルク)』

イタリア人達が舌鼓を打つ
本場の『コーヒーのアッフォガート』です。

コーヒーは好きなんだけど
エスプレッソコーヒーは濃くて苦くて苦手…という方も
これはきっと大好きになって貰えると思います。


最後にちょっと内緒の話。

『オリーブオイルのアッフォガート』の記事の中でお話しした
“アッフォガートの黄金比”の話を覚えていますか?

実はこの『コーヒーのアッフォガート』にも
その黄金比があります。

それは、“『ミルク』たっぷり+『ヘーゼルナッツ』少々”!

エスプレッソの本場ナポリの
ある有名なコーヒー豆の店では
ヘーゼルナッツ風味をプラスしたコーヒー豆を売っているくらい
コーヒーとヘーゼルナッツは最高の相性です。
これは本当に驚きの組み合わせ。

さらに、『ミルク』+『アーモンド』
そして、『ミルク』+『カスタード』も美味!


もしショーケースの中にこの3つのどれかがあったら、
「ブログを見た!」とスタッフにリクエストしてみて下さいね!

そうしたらもうあなたは
“ジェラート通”の仲間入り!



  



  2月の初めにいくつかのメディアで当店が紹介されます!


  2/1 ☆ 『Grazia』3月号「葉山鎌倉特集」で当店が紹介されます。
        詳細は次回のブログ記事で紹介する予定です!

  2/4 ☆ スイーツ番長さんの著書
        『スイーツ番長の至高の10大スイーツ』
        2月4日に出版されます。
        当店も掲載されています!

  2/5〜 ☆ ケーブルテレビJCN「JCNプラスチャンネル」の番組
         “YOKOのブログ”にて当店が紹介されます!
          









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェラート通のための『コーヒーのアッフォガート』 ジェラテリア・イル・ブリガンテ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる